『戦争』の時代に生きた若者の真実の記録 ペリリュー ー楽園のゲルニカー

武田一義
原案協力:平塚柾緒(太平洋戦争研究会)

ペリリュー ー楽園のゲルニカー

昭和19年、夏。太平洋戦争末期のペリリュー島に漫画家志望の兵士・田丸はいた。そこはサンゴ礁の海に囲まれ、美しい森に覆われた楽園。そして、日米合わせて5万人の兵士が殺し合う狂気の戦場。当時、東洋一と謳われた飛行場奪取を目的に襲い掛かる米軍の精鋭4万。迎え撃つは「徹底持久」を命じられた日本軍守備隊1万。祖国から遠く離れた小さな島で、彼らは何のために戦い、何を思い生きたのか——!?「戦争」が日常にあった時代、若者が見た真実の記録。

メディア・プロモーション

キャラクター

  • 田丸一等兵

    田丸一等兵(たまる)

    初めて戦場にやってきた22歳。漫画家志望だったことを島田に見込まれ、兵士の最期を遺族に伝える功績係に任命される。

  • 吉敷上等兵

    吉敷上等兵(よしき)

    田丸と同期ながら、成績優秀により上等兵に抜擢された。正確な状況判断と高い戦闘能力で田丸を助ける。

  • 島田少尉

    島田少尉(しまだ)

    田丸の所属する第二小隊の隊長を務める。同じ隊の兵士の死に涙するなど、情に厚い一面を持つ。部下からの信頼を集める若き少尉。

  • 小杉伍長

    小杉伍長(こすぎ)

    田丸・吉敷と同じ分隊に所属。戦場慣れした振舞いは、初年兵の田丸らにとって心強くもあり、どこか怖さも感じさせる。

コミックス一覧

武田一義(たけだ かずよし)

掲載作品一覧